これがベスト!相場はいくら?

婚約指輪の一般的な相場

一生を連れ添う二人にとって最も大切なものになると言われる婚約指輪、できるだけ良いものを選びたいと思うのが人情ですが、あまりに高すぎると今後の生活に影響が出る場合もありますし、また安すぎると残念に思ってしまう人もいるかもしれません。
なので自分たちの生活にあったものを選ぶのがベストですが、一般的な婚約指輪の値段も気になってしまうという気持ちを持つ人も多いでしょう。
現在の一般的な婚約指輪の平均単価は約35万円ほどといわれています。昔はこれよりも2倍くらい高い値段の時もありましたが、現在のこの値段は不景気や、お金をためておく人が増えている現状の世相を反映していると言えるかもしれません。
またこの値段はあくまで一般的なものの話なので、やはり自分たちの価値の基準に沿うことが最も大切です。

年齢別の婚約指輪の相場

自分たちがベストだと思う金額の値段の婚約指輪を購入するには、やはり自分たちの年代の婚約指輪の相場を知っておくと便利です。
年齢でそれぞれの収入が変わってきますし、またそこから現在のカップルや夫婦の現状も見えてきます。
20代前半のカップルの婚約指輪の相場は約10万円程度といったところで、これはまだ年齢が浅いことによる収入の少なさが理由として挙げられます。
20代後半のカップルは約10万円から20万円の間が一般的な相場です。これもまた20代の年齢が主な理由です。
30代のカップルになってくると値段も上がり20万円から30万円の間が一般的な相場になります。これは年齢が上がり収入が上がっているのが理由の一つであると言えるでしょう。