大事なのが予算どれくらい出せるか、結婚指輪との兼ね合いも

婚約指輪で無理をしすぎると後で困ることに!

好きな男性から婚約指輪をもらうことは女性の憧れですよね。一生に一度の機会と男性も女性を喜ばせようと、ついつい無理をしてしまうことも。しかし、婚約指輪を送った後の生活も考えて予算を決める必要があります。プロポーズが成功した後には、結婚式や新居の準備等のお金がかかることが山ほど待っています。婚約指輪に使いすぎてしまうと、それ以降のせっかくの楽しいイベントも節約しなければいけない状況になってしまいます。結婚式では200~500万円程度のお金がかかりますし、新居も家具を揃えるとなるとかなりのお金が必要です。プロポーズ後も仲良く楽しくやっていくためにも、婚約指輪を購入した後にどれくらいの貯金が残るのか等しっかり考えておきましょう。

お給料や貯金と相談を!

現在、婚約指輪の購入価格の相場は約25万円、大体お給料の1.5ヶ月分くらいのものを購入する人が多いようです。昔のようにお給料の3ヶ月分を出す人は少なくなっているのが現状です。もちろん、その人の年齢や貯金額によってはお給料3ヶ月分の婚約指輪を買うことも可能でしょう。大切なのは、背伸びをしすぎないということです。
最近では、婚約指輪は購入せず、その分結婚指輪にお金をかけるカップルも多いようです。婚約指輪に比べてシンプルなデザインで使いやすく、つける機会も多い為そちらにお金をかけたいという意見がよく聞かれます。指輪について彼女に相談できるような状況であれば、2人で指輪や今後の事について話してみるのも良いかもしれませんね。